ピスタチオ
シナモンロール
全粒粉食パン
甘納豆パン
あんバターホイップ
二代目英三郎
  • 銀座クリームメロン
  • レビュー投稿
  • ピスタチオ
  • 甘納豆パン

Recommendおすすめ

酒種あんぱん ピスタチオ 5入

販売価格:1,312(税込)

酒種あんぱん みつ姫安納芋 5入

販売価格:1,312(税込)

北海道産あずきの甘納豆パン 1本

販売価格:1,000(税込)

全粒粉100%食パンの2種パテ セット

販売価格:1,300(税込)

シナモンレーズン 1本

販売価格:640(税込)

あゆみ

あゆみ

明治二年三月二八日、芝・日陰町に文英堂として創業した木村屋總本店。以来、一世紀以上の歴史を経て現在に至ります。

運命の出会い

運命の出会い山岡鉄舟 揮毫による看板

運命の出会い初代 木村安兵衛

運命の出会い山岡鉄舟

安兵衛と鉄舟は明治維新の前、剣術を通じて知り合ったらしい。茨城県から江戸へ出て来たばかりの安兵衛と徳川慶喜将軍のお供でしばしば水戸藩に出かけていた鉄舟との出会いだった。
明治7年に新しく出来た銀座煉瓦街であんぱん作りに熱中していた木村親子に試食をさせられると「これ、うまいじゃないか」とあんぱんの味に折り紙がついた。
西洋から入ってきたパンとは違う、酒種を使い、その生地であんを包み焼き上げるという技術が鉄舟の心をとらえた。
「陛下に召し上がっていただこう」木村親子の努力を暖かい目で見守り、明治8年4月4日、隅田川沿いの水戸藩下屋敷であんぱんが明治天皇に献上された。
鉄舟は木村親子の成長が嬉しく、この年「木村家」の看板を書いて贈っている。現在の銀座本店入口に掲げられている※看板である。(※残念ながら、本物は関東大震災で焼失しております)