トピックパス

ホーム> 酒種あんぱん 桜

酒種あんぱん 桜

製造方法

木村屋總本店は、お客様にいつでも安心してパンをお召し上がりいただくために、素材選びから発酵・焼成・包装・配送に至るまで様々な工程を経て、常に基本に忠実なパンづくりをしています。

  • 01

    発酵(1次発酵)
    発酵(1次発酵) 酒種発酵種は標準的なパン生地の2〜3倍長くゆっくりと生地をふくらませます。
  • 02

    分割・丸め
    分割・丸め 表面をぴんと張ることで酒種酵母が発酵した際の空気を生地の中にとじ込めます。
  • 03

    成型
    成型 職人が一つ一つ餡を手で包み、形を整えます。
  • 04

    2次発酵(ホイロ)
    発酵 酒種酵母が活発に働く発酵室(温度約38℃、湿度80〜90%)に寝かせます。
  • 05

    焼成
    焼成 生地を高温のオーブンに入れ、短時間で焼き上げます。
  • 06

    できあがり
    できあがり できあがりです

3つのこだわり

kodawari01

生地のこだわり
酒種あんぱんに最適な仕様に調合した小麦粉を使用。お水は季節や天候によって増減するため、毎日職人が生地の出来を見ながらお水の量を決めています。あんぱんの品質に影響を与える発酵は、温度0.1度・湿度0.1%の精度で、1回1回生地の状態を見極めながら管理をしています。

kodawari02

あんのこだわり
北海道の十勝周辺で採れた厳選した小豆を使用。独特の風味とコクがある小豆を、木村屋独特の豆煮の方法で炊き上げました。糖度が高くあんだけを食べると甘く感じますが、あんぱんとして食べると上品な味わいになります。

kodawari03

桜の花びらのこだわり
一年間を通して味が変わらないよう梅酢に漬け込んだ希少な国産の八重桜の塩漬けを使用。梅酢に漬けた桜を一つ一つ手で摘み、塩に漬けて仕上げました。桜の塩漬けのへそは大きくても小さくでもダメ。いい塩梅で押されている酒種あんぱんのみが製品になります。

酒種あんぱん 桜

酒種あんぱん 桜

八重桜の塩漬けと北海道産の小豆を使用した「こし餡」が、伝統の酒種生地に絶妙に溶け合います。
明治8年、明治天皇へ献上したことで、あんぱんを世に広めるきっかけとなりました。

ご購入はこちら